春秋航空は他社に比べるとどれだけチケットが安いの?

春秋航空はどの便のチケットがお得に購入できるのか?他社に比べてどれほど安くなっている? - 実は春秋航空はサービスがいい

実は春秋航空はサービスがいい

春秋航空は中国に本社を置く日本のLCCです。
最近は日本国内だけでもLCCの数が増えてきて、LCC=航空券の価格が格安というイメージがあってもどのLCCを選べばいいのか分からない。そんな人も多いと思います。なので春秋航空と他のLCCの違いについて紹介します。

春秋航空はサービスが違う

LCCを利用する人の多くは、航空券さえ安ければサービスが悪くても我慢をするという人かもしれません。
それぐらいLCCにはサービスを期待していませんよね。
そもそもLCCとはサービスにかかる人件費やコストを削減する事で、航空券を格安に提供している訳です。
ですがそんな中で春秋航空は、LCCなのにも関わらずサービスは大手航空会社並みと言われるぐらいサービスの質が高いのです。
例えば機内サービスのコーヒーは、無料ではなく有料で100円かかりますが、100円でお代わりは自由です。
そしてコーヒーにも拘ってイタリア老舗のコーヒーを提供してくれるので、美味しいと評判になっています。
また春秋航空は、荷物の多さに応じて料金が変わってきます。
「スプリングプラス」なら、無料で預入出来る荷物が20?までとなっています。
「スプリング」では10?までです。
そして荷物が少ない人なら、預入は出来ませんが「ラッキースプリング」として料金が安くなります。
自分の利用状況に応じて、料金体制を選ぶ事が出来るので無駄なお金を払う事がなくお得なサービスだと言えるでしょう。

春秋航空の有料サービスの種類

春秋航空も有料サービスには、座席指定、超過手荷物、機内食、到着直通バス、航空保険などが用意されています。
ちなみに有料サービスに関しては、その場でお金を払えば利用出来るというモノではありません。
機内食や到着直通バスは、出発の○時間前までにコールセンターを使って予約しておく必要があるので注意して下さい。
ちなみに○時間前とは、搭乗する便によって36時間前だったり6時間前だったりと指定の時間が変わってきます。

関連する記事