春秋航空は他社に比べるとどれだけチケットが安いの?

春秋航空はどの便のチケットがお得に購入できるのか?他社に比べてどれほど安くなっている? - 春秋航空の安全性と遅延と欠航

春秋航空の安全性と遅延と欠航

飛行機を利用する上で、航空券の価格も気になりますが最も重要な事は安全性ですよね。
安全性なら大手航空会社のANAやJALが最も信頼出来ると思っている人もいるかもしれません。
しかし春秋航空も大手に負けず劣らず安全性の高い航空会社だと言えます。

春秋航空が安全性が高い理由

春秋航空が安全性が高い理由は機体にあります。
春秋航空は、日本ではあまり知名度が高くない為、安全性は大丈夫と思うかもしれません。
しかし、春秋航空は2014年に参入した新しい航空会社です。
つまり使用している機体も新しいという事です。
春秋航空は、ボーイング社の最新の内容設計仕様のスカイインテリアを採用した次世代737型機を使用しています。
飛行機は使用する機体が古くなるほど、劣化し故障や事故が増える傾向があります。
そのため最新機種を使用している春秋航空は安全性が高いと言えます。
さらに次世代737型機は、騒音低減素材やLED証明を使用するなど、最新の技術が用いられている事で機内の乗り心地も最適です。
また環境への負担も軽減してくれるので、地球に優しい飛行機だと言えるでしょう。

春秋航空の遅延・欠航について

では次にLCCは遅延や欠航が多いというイメージが強いですが、実際のところ春秋航空の遅延や欠航はどうなっているのでしょうか?平成27年度のデータになりますが、定時運航率ランキングで春秋航空は4位に選ばれました。
日本で知名度の高いピーチは定時航空率80%なのに対して、春秋航空は91%ですから、ほとんど遅延する事はないと言えるでしょう
。ちなみにJALは89%なので、大手航空会社より時間に正確だという事が分かります。
同じく27年度のデータで欠航率は1.86%となっています。
つまりLCCが遅延や欠航が多いというイメージほど、実際は遅延も欠航も多くない事が分かります。

関連する記事