春秋航空は他社に比べるとどれだけチケットが安いの?

春秋航空はどの便のチケットがお得に購入できるのか?他社に比べてどれほど安くなっている? - 春秋航空を知っていますか?

春秋航空を知っていますか?

あなたは春秋航空という航空会社を知っていますか?
LCCと言えばピーチやジェットスターなどが知名度が高く、春秋航空はあまり知名度は高くありません。
しかしながら知名度は低くても、航空券の価格はLCCの中でも格安だと言えるでしょう。
では春秋航空がどんな航空会社なのか紹介します。

春秋航空はどんな航空会社?

春秋航空は中国に本社を置く航空会社です。
中国だと安全性やサービスに問題があるのでは?
そんなふうに思ってしまう人もいるかもしれません。
ですが確かに本社は中国ですが、日本のLCCとして日本国内で就航しているため、品質もサービスも日本人向けと考えて大丈夫です。
知名度がないのは、知名度の高いLCCと比べて参入が少し遅れてしまったためです。
現在日本国内で知名度の高いLCC・ピーチやジェットスターは、2012年に参入し、LCCの参入が初めてだったため話題となり、連日ニュースでも取り上げられました。そのため知名度が高いのです。
対して春秋航空が参入したのは2014年です。
知名度こそ低いですが、購入するタイミングや行き先によって3000〜5000円台で航空券を購入する事が出来、格安航空券で有名なLCCの中でも最安値水準の航空会社だと近年注目を集めつつあります。

春秋航空の中でも安い航空券とは

春秋航空に限った話ではありませんが、LCCの航空券は需要と供給によって価格が決定します。
つまり空席を出したくない為、人気がない便ほどどんどん航空券の価格が安くなるというわけです。
人気がない便と言われると不名誉になるかもしれませんが、春秋航空の便の中でもお買得に購入しやすい便は「成田→新千歳便」です。東京から北海道に行くのに、なんと5000円台で航空券が購入出来てしまいます。
この価格なら、その他の航空会社はもちろん、新幹線で行くよりも交通費がかからないと言えるでしょう。
他にもいろいろとお買得な便があるので、飛行機に乗る際にはぜひ一度春秋航空の航空券の価格をチェックしてみて下さい。

関連する記事

  « 前の記事: を読む